顧問弁護士を理解する前に

顧問弁護士がどのようにして誕生したのかという歴史に触れる前に、弁護士そのものの歴史をある程度理解しておきましょう。
日本において現代の弁護士同様弁論や口述を行った記録には、鎌倉時代の六波羅探題等において弁護を行ったという代官の存在があります。
ただこの鎌倉時代から始まる弁護士の基礎とも呼べる存在は、「法定の代理人」的役割を果たす物ではなく、単に口添えをする、書類を作成する代書人、また債権の取り立てを行うなどの事件師と呼ばれる存在だったため、時に当時の官の取り締まりを受ける対象ともなっていたようです。

弁護士としての本当の意味での基礎となったのは、明治時代の近代的司法制度の導入時代に存在した「代言人」と呼ばれる人たちです。
ただ資格制度が整っていたわけではないので、やはり悪徳な代言人も多く、現在の平等で法律に精通した専門家というイメージはありません。
1893年になって初めて弁護士法の制定となりやっとここで弁護士という名称が出てきます。
しかし法定活動以外行わないなど検察官などよりも位が低いとみられていた資格でした。

1949年、新弁護士法が制定となり弁護士の独立性が認められ、日弁連なども誕生し、弁護士、裁判官、検察官を司法権によって選ぶという方法がとられるようになり、現代の弁護士の形がやっと整ったのです。
ここからさらに一般民事や刑事についての法務から広がり企業法務を扱うようになっていきました。

顧問弁護士がどのような状況で誕生したのか、現在どういった業務を行っているのか、当サイトで理解していただけたら幸いです。



▼関連情報
会社の法的な業務を任せる顧問弁護士と費用をおさえて契約できるサービスです ... 顧問弁護士 費用